レビトラ通販

レビトラとお酒・アルコールは一緒に飲んでもOK?

性行為の前にお酒を飲むと、ほどよくリラックスができますので、その後の行為を楽しむツールとしてアルコールは有効です。レビトラもまた性行為を補助するための薬ですので、お酒を飲んだあとの性行為にレビトラを使うといったシチュエーションも考えられるかと思います。

お酒を飲んだ状態でレビトラを使用しても大丈夫なのか?お酒との相乗効果や不安はないのか?気になるレビトラとアルコールの併用。
ここではレビトラとお酒について詳しく説明致します。

適度な飲酒であれば問題なし

アルコールには、血行を良くする効果もあります。これにより、リラックス効果が得られますので、性行為の雰囲気もつくりやすくなります。
従来のED薬はアルコールの影響から勃起効果を発揮しきれないという欠点がありました。レビトラを開発したドイツのバイエル社は、この欠点を踏まえて飲酒時でもレビトラが効果が発揮できるよう、飛躍的に改善することに成功しました。

レビトラは適量の飲酒であれば問題なく効果を発揮します。また、ほどよい飲酒は血行を良くしますので、勃起をサポートする効果も期待できます。適度な飲酒量の目安を以下に掲載しますので、参考にしてください。

お酒の種類 適度な飲酒量
ビール 中瓶1本(500ml)
日本酒 1合(180ml)
ウイスキー ダブル1杯(60ml)
焼酎(25度) グラス1/2杯(100ml)
ワイン グラス2杯弱(200ml)
チューハイ(7%) 缶1本(350ml)

性行為の前にお酒を飲みすぎてベロベロに酔っぱらってしまってはムードも台無しです。お酒は適度に楽しむ程度にしましょう。
飲酒量が適量であればレビトラの効果を損なう心配はありません。

お酒の飲み過ぎはEDの原因になる

適量であればリラックス効果を生むアルコールも、飲みすぎるとEDの症状を誘発してしまいます。普段はしっかり勃起する人でも、かなりの量のお酒を飲んでいると、勃たない、途中で中折れする、萎えやすい、勃起の硬さが不十分など、軽度なED(勃起不全)の症状がみられるケースはよくあります。これは過度なアルコールが体内に入ることで、アルコールを分解するための水分がより多く必要になり、この過程で体内の栄養バランスが乱れてしまい、結果として精力の減退を引き起こすと考えられています。

お酒を大量に飲むと、レビトラの効果も損なってしまいます。そればかりか、最悪の場合、頭痛やほてりなどの副作用ばかりが増強されてしまうおそれがありますので注意してください。

レビトラのパッケージ写真
正規品レビトラ20mg(4錠入)の通販

相場価格:8,000円
通販特価:7,180円

バイエル薬品の正規品レビトラを通販特価でご提供。ご希望の数量でまとめ買いもできます。まとめて買うほどお得になります。

ページの先頭にもどる
レビトラ通販