%%GA%% 男性ホルモンを増幅させてEDを改善! %%HEADER%%

精力を増やすカギは、男性ホルモン?
男性ホルモンを増幅させる方法

男性ホルモンを増幅させてEDを改善!

どうも。EDになり、セックスレスが原因で妻に浮気をされ離婚し、ED治療薬によって男としての尊厳を取り戻すことに成功したシゲ.T仲です。
私について気になる方はプロフィールを読んで下さい。

精力は男性ホルモンが増やしているというのを知っていますか??
実は性欲が落ちてしまった、精力が減ってきたかな?というのは男性ホルモンが減少しているからかもしれません。
男性ホルモンを増やすためにはどうしたらよいのでしょうか?
日常生活からも男性ホルモンは増幅させることができます。
このページでは、精力をは増やすカギは、男性ホルモン?男性ホルモンを増幅させる方法について実体験も踏まえながら紹介していきます。

運動

男性ホルモンとはテストステロンのことを指します。
このテストステロンが減少してしまうことにより、精力が落ちてしまうとされています。

実は運動することでもテストステロンを増加することができるのです。
運動には2種類のものがあります。
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動と、筋トレなどの無酸素運動です。
テストステロンを増やすためには、無酸素運動が有効とされています。

もちろん、有酸素運動では全く変わらないのか?といったらそんなことはありませんが、無酸素運動の方がより効果があります。
筋トレは家でも行うことができます。
ジムに通って筋トレを行うこともオススメですが、自宅で簡単に続けられるものを継続していくことの方がより効果があります。
筋トレは継続して行う必要があるので、ジムに行かないと運動できないという人はジムで、ジムに行く時間がないという人は自宅で、それぞれの方法で筋トレを行ってください。

筋トレには3つの方法があります。

  • 自分の体重を使う自重トレーニング
  • マシンの力を使うマシントレーニング
  • 自分で重さを変えることのできるフリーウエイトトレーニング

マシントレーニングとフリーウエイトはジムに行かなければできないですが、自重トレーニングであれば家でも行うことができます。

フリーウエイトは重さにこだわりがなければ市販のダンベルなどを家に用意することで自宅でもトレーニングできます。

筋トレを行う時には、下半身をより中心的に行うことをオススメします。
下半身は大きな筋肉がついており、下半身の血流を良くすることが精力を上げることにも繋がります。

スクワットはトレーニングの王道ですが、男性ホルモンを増加させるためのトレーニングにもオススメです。 スクワットはこんなもんだろと思ってトレーニングする方もいるかもしれませんが、しっかりと正しい形で行うことに意味があります。
実は、正しい形で行うだけで、とてもつらいんですよ…

しかし、わかりやすいトレーニングでなおかつ自重で行えるトレーニングになるのでぜひ毎日継続して行ってみて下さい。

睡眠

テストステロンは睡眠とも深い関わりがあります。
男性ホルモンのテストステロンは睡眠時間や、睡眠の質などにも関わってきます。

まずは睡眠時間です。
テストステロンは睡眠時に多く分泌されています。
もちろん睡眠時間が多ければいいというわけではありませんが、睡眠時間が多いことでより多く分泌されます。

現代人は仕事に追われていたり、スマートフォンやネットの普及から夜遅くに寝ることが増えていると思います。
そのため、睡眠不足はテストステロンを減少させてしまう原因となっているのです。
もちろん、人は1日6時間から7時間の睡眠が理想とされていますが、忙しいと1日の睡眠時間が5時間ほどになってしまうこともあると思います。
1日睡眠時間が短くなってしまうことはそこまでダメージがあるものではありませんが、これが1週間続いてしまうと、大幅にテストステロンが減ってしまいます。
できるだけ毎日しっかりと睡眠時間を確保できるようにしましょう。

睡眠は睡眠時間だけでなく、睡眠の質も重要となってきます。
睡眠の質を高くすることで、睡眠によるストレスの解消を行うことができます。

睡眠時間を十分に確保することができなかった!という日でも、睡眠の質を上げることによって、テストステロンを増加することができます。

寝具を自分に合ったものを選ぶようにする、寝る前にカフェインを摂取しない、スマホを見ないなど細かいことですが、質の良い睡眠をとるためには必須となります。
これらのことを考慮して、睡眠時間と睡眠の質を高めることで、テストステロンを増加させましょう。

テストステロンが増えることで、精力も増加することができます。

食事

人の身体を構成する上で一番重要となるのが食事です。
直接栄養として身体に取り込まれる食事も、精力を上げるためには必要となります。

特に、テストステロン値が低い人というのは肥満になりやすいとされています。
もちろん食事だけが関係しているとは言えませんが、睡眠不足や運動不足、ストレスから食事を過剰に摂ってしまい太ってしまうということも含まれています。
テストステロンを増加するためには、食事から男性ホルモンの分泌を促す栄養素を摂るようにしましょう。

亜鉛やアルギニンなどは男性ホルモンの分泌を促すだけでなく、勃起力を向上することにも効果があります。
食事から男性ホルモンを増やすということは、精力を増加するだけでなく、勃起力の向上にも繋がります。

これらを考慮して、毎日の食事を見つめ直してみましょう。
生活全体の質が上がるとともに、精力も増加させることができたら、より良い生活が送れるはずです。

主な男性ホルモンの増加に効果のある食事については別ページで詳しく説明しています。
気になる方はこちらをどうぞ。

精力食事のページ

まとめ

いかかでしたでしょうか?
実は、男性ホルモンを増加させることが精力を増やすことにも繋がるのですね。
精力が落ちたのは年齢のせいだ…疲れがたまっているせいだ…なんて思っているかもしれませんが、これらは生活の中から改善することができます。

私もこれらを見直すことで、最近また精力が戻ってきた!と感じたこともあります。
薬やサプリメントを使用しなくても、改善できることがあるのなら、そのほうがいいですよね?
もしも、最近精力が落ちてきたな、と思ったら運動・睡眠・食事を見直すことから始めてみましょう!

%%MAIN_RIGHT%%
%%FOOTER%%

TOP