レビトラ通販

レビトラとグレープフルーツは危険

グレープフルーツ、またはグレープフルーツの果汁や果肉を含んだ飲料など、グレープフルーツを口にした前後でレビトラを使用するのは危険を伴います。

グレープフルーツとレビトラが合わさってしまうと、薬の作用が増強されてしまい、結果として副作用が強く現れてしまうおそれがあります。

グレープフルーツに含まれるフラノクマリン酸が作用を増強させる

グレープフルーツには薬の血中濃度を上昇させる「フラノクマリン酸」という成分が含まれています。フラノクマリン酸という成分は、薬との相互作用があることで知られており、薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があります。
フラノクマリン酸は、薬物代謝酵素であるシトクロムP450の効果を強く阻害するとされており、特にカルシウム拮抗剤と呼ばれる高血圧患者用の薬剤では影響が大きく出ます。

グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸の作用によって、レビトラの作用も増強されてしまうおそれがあるため、同時に摂取するのは危険とされています。フラノクマリン酸によって過剰に作用してしまうのはレビトラだけではなく、一般的な風邪薬やシクロスポリンなどの薬と併用した場合にも薬効が効き過ぎたり、あるいは副作用が大きくなることがあります。

レビトラを服用する前日からグレープフルーツの摂取は控えた方が良い

前日食べたグレープフルーツが薬の効果の邪魔をしたと言う報告例もあります。レビトラを服用する時は、当日はもちろん、念のため前日からグレープフルーツの摂取は控えた方が良いでしょう。グレープフルーツの果肉はもとより、果汁を使用しているものにもフラノクマリン酸が含まれています。少量でもフラノクマリン酸を口にしてしまうと、レビトラの作用が過剰に現れてしまう場合があります。薬の作用が増強されると、薬効が強く現れるだけでなく、思わぬ副作用や重篤な症状をまねいてしまうことがありますので、十分に注意してください。

グレープフルーツだけじゃない!柑橘類にも注意

薬の作用を増強させてしまう果物は、グレープフルーツだけではありません。柑橘類の中には、グレープフルーツと同様に薬効を強めてしまうものがあります。

グレープフルーツ以外に注意が必要な柑橘類として、八朔(はっさく)、文旦(ザボン)、夏みかん、オロブランコなどが挙げられます。これらの柑橘類もレビトラとの飲み合わせが良くありません。

レビトラのパッケージ写真
正規品レビトラ20mg(4錠入)の通販

相場価格:8,000円
通販特価:7,180円

バイエル薬品の正規品レビトラを通販特価でご提供。ご希望の数量でまとめ買いもできます。まとめて買うほどお得になります。

ページの先頭にもどる
レビトラ通販